わきがは女性の方がなりやすい体質だが男性の方が臭いが強い

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

わきがは遺伝します。その確率は以下の通りです。
両親がわきが体質だと、子供は80パーセントの確率でわきがになります。
片親だけがわきが体質でも、子供は60パーセント以上の確率確率でわきがになります。
そして男性より女性の方がなりやすい体質ですが、臭いは男性の方が強いです。
女性がなりやすい理由は臭いが出るアポクリン汗腺の数を、男性より女性の方が多く持っているからです。
その他にも男性より女性の方が皮下脂肪が多く持っているからです。
皮下脂肪はアポクリン汗腺を活発にします。
男性の方が臭いが強い理由は、女性より男性の方がアポクリン汗腺汗から汗をかく量が多いからです。
臭いの原因はアポクリン汗腺から出る汗と、脇にいる細菌が混ざるためです。
なのでアポクリン汗腺の数を多く持っている女性よりも、アポクリン汗腺から汗をかく量が多い男性の方が、臭いが強くなります。
臭いは制汗スプレーやサプリメント、専用クリームでおさえる事ができます。
その他にも、脇毛の処理を行うと臭いが増長する事はないです。

Read full story »

Filed Under:未分類

わきがの原因を知ろう

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

日本人は体臭の薄い人が多いですが、なかには、体臭がかなり強い人もあり、気にされていることもあるものです。そして体臭の中でも特に多くの人が悩んでいる症状にわきががあげられます。
では、どうして臭いが発生するのか、その原因についても知っておきたいですが、わきがはアポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因となっており、体臭の強い人はアポクリン汗腺の数や分泌量が多いとされています。
一般的な汗臭さとは違う特有の鼻につくにおいがあります。そして皮脂腺から分泌される皮脂が加わることで、さらに強いにおいとなっていきます。
それゆえに根本的に治すためにはアポクリン汗腺を治療で除去していく必要があります。
自宅で行えるケア方法としては、清潔を心がける、制汗剤を利用するなどがあげられます。
完全に臭いを消すのは難しいですが、軽い症状の方ならかなり和らげることもできます。
自己流のケアで対応できない場合は医療機関の治療も検討されます。

Read full story »

Filed Under:未分類

ボトックス注射のわきが治療

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

わきがの治療方法には様々なものがありますが、最も効果的な方法は切開による手術となります。しかし切開ではわきの下とはいっても手術痕が目立ってしまうため、女性であれば特に気になる部分と言えます。わきがを完治するには切開による手術が最適ですが、手術痕を気にする場合にはボトックス注射で臭いを抑えることが可能です。ボトックス注射は筋肉の動きを抑える効果があるため、アポクリン汗腺の働きを抑制し臭いを軽減することが可能なのです。注射ですから手術痕が目立つこともありませんし、切開によるダウンタイムを気にする必要もないのです。ボトックス注射によるわきが治療は6ヶ月程度の限定的な効果となるため、ボトックスの効果が薄れると同時に臭いも元に戻ってしまいます。しかし手術とは異なるため何度でも繰り返し受けることが可能ですから、定期的に継続することで長期間臭いを抑えることが可能です。臭いを抑えるとはいっても原因を取り除くわけではありませんので、切開による手術とのコストパフォーマンスを考える必要があります。

Read full story »

Filed Under:未分類

わきがについての説明

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

わきがは、正式にいうと腋臭症といいます。特徴としては、腋の下から出て鼻につくような強い臭いになり、特定の人しか発生しません。わきがは臭いを予防できるかどうかが、普通の汗の臭いとは違ってきます。通常汗の臭いの場合、入浴などできれいに洗い流せば解決できますが、わきがの場合ある程度は体を清潔に保つことで軽減されますが解決しはなりません。原因としては、特定のわきや陰部など部位に存在しているアポクリンシ汗腺・全身に分布し、比較的浅い皮膚表面にあるエクリン汗腺・開口している毛穴に脂肪分を分泌する皮脂腺の3つの汗腺類からの分泌物が皮膚常在菌により分解され発生する臭いです。わきがや多汗症を根本的に治すには、治療が必要になります。治療法としては、外科手術かボトックス注射が主な治療法だったのですが、これでは傷跡が気になります。ですが今は、傷跡が残らない最新の施術法でマイクロリムーブ法やミラドライなどのがあります。

Read full story »

Filed Under:未分類

ミラドライという最新のわきが治療について

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

従来のわきがの治療法は脇の下の皮ふを切開する箭除法や、切開の必要はないですが効果が永久的ではないボトックス注射法が主流でした。しかし最新の施術法であるミラドライという施術は切開をしないため傷痕が残らない上に、効果が永久的に期待できる治療法です。この施術はマイクロウェーブ(電磁波)を脇の下の皮ふに照射することで汗腺を破壊するという最新の治療法です。マイクロウェーブは水分に反応して熱を発生させる作用があります。ミラドライはこの原理を利用して皮ふの汗腺がある部分に集中的に熱を発生させ、汗腺組織を破壊することにより汗腺から汗が出ないようにします。皮ふの切開を伴わないため傷痕が残らないだけでなく、血管や神経を傷つけないため術後の合併症や後遺症の心配がありません。また施術時間も1時間程度で回復も早いので、治療後はその日から通常の生活ができるのもこの治療法の魅力です。しかしミラドライは自由診療のため保険適用がなく費用が高いいうデメリットもあります。医師のカウンセリングを受ける中で自分に合ったわきがの治療方法を決めることが大切です。

Read full story »

Filed Under:未分類

マイクロリムーブ法によるわきが治療について

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

これまでのわきが治療は箭除法という外科的手術かボトックス注射による治療くらいしかありませんでした。そして箭除法は皮ふを切開することで傷痕が残るというデメリットがあるためボトックス注射法を選ぶ人が多くいました。しかし最近の施術法には傷痕が目立たず施術時間も短いマイクロリムーブ法というものがあります。マイクロリムーブ法とは1センチ程度の穴から高性能なわきが治療器「マイクロシェービングコンソーラー」を挿入し、わきがの原因となるアポクリン汗腺を除去する方法です。箭除法のように大きな切開を必要としないので回復が早く傷痕も目立ちにくいです。また重度のわきがにも効果が期待でき、再発の心配がほとんどないことも魅力の一つです。そしてアポクリン汗腺と一緒に多汗症の原因であるエクリン汗腺も半分程度破壊するので多汗症治療も同時にできます。このようにマイクロリムーブ法は重度のわきがで傷痕が目立たない治療を望む方にお勧めです。

Read full story »

Filed Under:未分類

わきがのセルフチェック

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

わきがとは、わきなどにおいてアポクリン腺から分泌される汗が脂肪や皮膚上の常在菌と混じり合い分解される事で独特の非常に強い臭いを発生させる症状の事です。
普通の汗はエクリン腺から分泌される汗なので、わきが体質かどうかはアポクリン腺があるかどうかで判断されます。
アポクリン腺から分泌される汗は、ほぼ水分のみのエクリン腺からの汗と異なり、脂肪などが混じっています。
アポクリン腺は皮膚の表面からわかる物ではなく、確実に判断するには皮膚を切開してアポクリン腺があるかどうかを確認する必要があります。
しかし、ある程度であればわきがや、わきが体質かどうかをセルフチェックする事が可能です。
セルフチェックの方法ですが、耳垢がネバネバと湿っていたり、わきの部分に黄ばんだ汗ジミが出来るなどが簡単なチェック方法です。
自分の状態が気になる方や、もしかしたらそうかもしれないと考えている人は、セルフチェックをしてみて医療機関に相談に行くと確実です。

Read full story »

Filed Under:未分類

わきがの原因について

By on 7月 29th, 2014. This post has No Comments »

腋臭症いわゆるわきがですが、その名前は知っていても具体的にどの様なものなのかをしっかり理解している人は少ないものです。
わきがとは、わきのアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が皮脂腺から分泌された脂肪分、エクリン腺という汗腺から分泌された汗と混ざり合い、それが皮膚などに存在する常在細菌により分解され、いわゆるわきが臭を発する物質が生成される状態の事です。
この臭いは独特のもので、いわゆる汗臭いといったものではない独特の臭いがします。
診断としては、専門医が臭いで判断したりアポクリン腺が存在するか切開して確認するなどがありますが、耳垢が湿っているタイプの人や遺伝などである程度自分で判断する事も可能です。
改善させるには、ボトックス注射や制汗剤を使用する保存療法と、手術やマイクロウェーブを照射する根本治療を行う必要があります。
根本治療の場合も、アポクリン腺の取り残しや、アポクリン腺が未発達の場合は手術をしても再発する危険性があります。

Read full story »

Filed Under:未分類